地球温暖化問題という言葉は新聞やテレビなどでたくさん聞くでしょう。
「エコツーリズム」あるいは「エコツアー」という言葉は知らない人がいるでしょうが「エコ」という言葉はかなり多くの人が知っているのではないでしょうか。

スポンサードリンク

エコツーリズム 屋久島エコツアー

エコツアーという言葉を、6割弱の人びとが知っていることが、2004年11月に環境省と日本エコツーリズム協会が行った調査でわかりました。

「エコ」という言葉は知っていても「エコツアー」は知らない人が多いことが分かりますね。
もっと知ってもらうと自然の大切さがたくさんの人に分かるのでいいですね。
現代の風潮として興味のある人は知識を深めようとしますが、興味のない人は知らないままでいいという感じになっていますね。
これはエコツアーだけではありません。

発展途上国などで、無計画な伐採などの危機にさらされている森林などの自然を観光の資源としてとらえなおすことで、保全し、生かしていこうという考え方のもとエコツーリズムが生まれたのです。

世界自然遺産で有名な屋久島のエコツアーがはじまり自然を体験しながら旅行する企画が全国に浸透していきました。
1990年代に屋久島ではじまったエコツアーも現在では全国に展開されて中部地区は特に活発な動きが見られます。
「エコツーリズム推進会議」でたくさん表彰されているので分かりますね。

屋久島のエコツアーの動きを見た後、2003年11月に環境大臣を議長する(当時の議長は小池百合子環境大臣)「エコツーリズム推進会議」が設置されました。
エコツーリズム・エコツアーの普及の具体策として5つの推進方針を出したのです。

これからもエコツアーが活発になり参加人数も増えると地球温暖化も緩和されるし自然も守られるでしょう。
企業も経営戦略に「エコ」を取り入れていけば会社の利益もあがってくるかもしれませんね。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

エコツアー(屋久島,沖縄,富士山,石垣島):携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://travel.16f9.com/eco/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。